2006年11月29日

BMW Group、2008年内にアメリカ合衆国でディーゼル車両を発売

BMWグループがアメリカでディーゼル車両を2008年以内に発売すると発表しました。



こうなってくると、日本でもディーゼル導入を期待してしまうのですが・・・。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
BMW Group、2008年内にアメリカ合衆国でディーゼル車両を発売

ロサンジェルス発:BMW Groupは、2008年内にスポーティかつ経済的なディーゼル・エンジンをアメリカ合衆国へ導入し、グループの収益および持続可能な成長戦略を継続します。
ダイナミックな動力性能と省燃費の両立により欧州で高い評価を確立したBMWのディーゼル・エンジンは、BMW Group史上初めて、Groupとして最大の市場であるアメリカ合衆国での販売を開始します。

BMW Groupは、1983年から欧州でディーゼル車両を提供し、今日ではBMWブランドの販売の67%を占めています。一方、アメリカ合衆国市場でも、ようやく最近、プレミアムカー・セグメントではディーゼル・エンジンが受け入れられる素地が整ってきました。

BMWのディーゼル・モデルは、欧州同様、アメリカ合衆国でも”スポーツ・ディーゼル”としての評価を確立し、競合から一頭地抜きん出た位置を確保し続けることになるでしょう。

エンジン・オブ・ザ・イヤー賞の審査員は、BMWのエンジンに対し何回も賞を授与していますが、ディーゼル・エンジンに対しても、ダイナミックな動力性能、革新的技術、驚異的な省燃費、そしてディーゼルらしからぬスムーズさの実現を賞賛しています。

BMW Groupにとって、アメリカ合衆国へのディーゼル車両導入は、長期にわたって持続可能な成長を続けるためのコミットメントです。このため、2009年からカリフォルニア州で施行される大変厳しい排出ガス規制法に適合できる、排気ガス量の最小化に注力したコンセプトが発案されました。これにより、通称50州モデル(Bin 5)と呼ばれる「クリーン・ディーゼル」を導入することも可能になりました。つまり、最も効率的で、環境への影響が想像しうる限り小さい未来技術をBMWの顧客に提供することが可能となったわけです。

アメリカ合衆国へのディーゼル・モデル導入は、短期、中期、長期に渡る継続的な燃料消費削減と、BMWの特徴である動力性能の強化を同時に実現する企業戦略である、「エフィシエント・ダイナミクス」の一環です。第一歩は、2001年に導入が開始された完全無段階の可変バルブ制御であるバルブトロニックで、既にBMW全モデルに導入され、燃料消費の相当な削減を実行しています。長期的には、BMW Groupは水素こそが持続可能なエネルギー源と見ています。

アメリカ合衆国に導入されるBMWのディーゼル車両のモデルと諸元は、改めて発表いたします。



関連記事(ディーゼル関連)
「ディーゼル・ディ2004」でのBMW

BMWのディーゼルエンジンは何故導入されない?

BMW 530d インプレッション by webCG

ディーゼルのBMWミニインプレッション by Driving Future.com

ミシュラン主催のエコカーのラリー、BMWも出走!

BMWのディーゼルエンジンは何故導入されない?〜その2

BMWのディーゼルエンジンは何故導入されない?〜その3
posted by Yoshihiro Nakahashi at 22:55| BMW ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。