2006年11月28日

WTCCチャンピオン、プリオールがF1の夢を諦める・・・

WTCCで2年連続チャンピオンとなったアンディ・プリオール。
その彼が、将来F1ドライバーになるという夢を諦めると語ったそうです。



以下F1 Racing.jpより一部抜粋。

アンディ・プリオール
僕はF1でレースをしているドライバーを何人も倒してきたんだ。F1のテストドライバーをしていたときは、僕は世界で最も素晴らしいドライバーの一人だと見なされていたんだ。
誰も見ていないのに、雨の降るサーキットで週に3日も走りたい奴なんているのか?少なくとも僕は、チャンピオンシップのためだけにレースをするよ。
F1マシンをドライブする時の興奮は素晴らしいよ。でも、僕はレースが好きだし、レーサーなんだ。これは、冬の間にシルバーストンを走り回ることを意味するんだ。
僕は全ての過程を通ってきたけれど、少なくとも顔から血を流してボクシングのリンクに立っていたよ。
僕がレースをしていると言う事実は、僕に大きな満足感を与えてくれる。だから、大金を手に入れたこともないし、それは裕福な人のゲームだ。
素晴らしいと評価されていた人たちと一緒にいたが、彼らは今何もしていない。だから、自分がプロとして働いて世界タイトルを争っている数少ない人たちの一人であることが嬉しいんだ。


ちょっと何言ってるのかわからないけど・・・。
参照記事
F1Racing.jp 2006 / プリオー F1の夢を諦める
posted by Yoshihiro Nakahashi at 00:36| BMW レース ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。